投資型アパート経営を検討している方必見!口コミで評判のおすすめサポート業者を紹介!

アパート経営は副業になるのか?

資産を増やすことを希望している人の選択肢としてアパート経営があります。

サラリーマンの副業が禁止されていた時代もありましたが、最近は柔軟な会社が増えてきています。

しかし日本の企業は禁止しているところも多いのが現状です。

 

日本の多くの企業はなぜ禁止してきたのか

副業を禁止する企業が多い理由として、禁止というよりも必要がなかったというのが正しいです。

高度成長時代に本経済は右肩上がりで成長し続けました。

企業のほとんどは終身雇用で生活は安定し、年齢が上がるごとに給与も増えていき生活は保障されていました。

働く企業でしっかりと仕事をしてさえいれば生活に困ることはなく敢えて、ほかに仕事をしようという考えもありませんでした。

その後バブル崩壊し、日本の経済は大きく変化しました。

今では終身雇用という言葉もあまり使わなくなっています。

転職するのも決して珍しいことではなく、多くの人が将来に不安を持つようになってきています。

本業以外に仕事を持つことで万が一、職を失った際にも慌てないで済みます。

将来の資産形成にも大きく影響を与える副業に注目する人が増えています。

中でも不動産投資は不労収入になりますので、労働を行うわけではなく本業の仕事に差し支えないで収入を得るチャンスがあります。

 

不動産投資は副業になるのでしょうか

不動産収入を得る場合は、年に一回不動産所得の確定申告を行う必要があります。

所得税の計算は「事業的規模かどうか」がカギとなります。

事業的規模とは、5棟10室と言われています。

これは戸建て物件なら5棟まで、マンションなら10室までという感覚です。

不動産投資の際にローンの借り入れをする際には、本業の給与収入が認められて借り入れが出来るケースがあります。

事業経営として見られる傾向がある反面、FXや株のようなくくりにされるケースも見られます。

基本的には会社の就業規則などを確認して、会社との折り合いがつけばということになります。

アパート経営は都心部から郊外など立地も大きく影響します。

当然ですが、資産価値の高い物件ほど購入金額も高くなります。

リスクを半減するために複数の物件を所有して空き部屋が出た際のリスクを減らす対策も併せて検討します。

一部屋に高額投資するよりも二部屋に分散することでどちらか一方でも収入を確保する方法です。

株式投資の分散投資のような感覚です。

 

不動産投資は節税になる場合もある

アパート経営は不動産投資の一つです。

いい時もあれば、悪い時もあります。

借りる人がいなければ収入はゼロです。

ローンを組んでいる場合は、家賃収入がなくてもローン返済はしなければなりません。

また不動産経営には様々な経費が発生します。

減価償却費やローン金利、税金など様々な出費があります。

家賃収入から経費を差し引いて残ったお金が利益になりますが、赤字になることもあります。

赤字になった場合、本業の所得から差し引くことが可能です。

経営で発生する経費に関しては非常に重要なポイントになりますので必ず確認してから始めます。

特にフルローンでアパート経営を始める場合は、入念な検討が大切です。

不動産仲介業者が入る場合が多く、その手数料も確認が必要です。

中には、仲介手数料を得るビジネスも存在します。

確定申告のポイントは年間収入が20万円を超えているかどうかです。

収入ではなく所得です。

収入から経費を差し引いたのが所得です。

これから始める際には、自分自身で基本的な知識を得る必要があります。

不動産状況も日々変化し続けます。

ニーズがあるのかないのかも自分の目で確かめていくことが大事です。

不動産投資の際には、利回りや入居率、将来の資産価値など様々な視点から検討していきますが、サラリーマンが挑戦する際には、本業の会社の就業規則を確認することが最も大切です。

 

サラリーマンがアパート経営を検討するケースも決して珍しくはありません。

本業以外の収入を確保することで生活を安定させることが出来たり、失業の際の収入リスクを減らす効果があります。

不動産収入は不労収入になりますので、基本的に本業に差し支えることはありません。

本業の会社が認めるかどうかという点が重要になります。

サイト内検索
アパート経営業者(その他)