投資型アパート経営を検討している方必見!口コミで評判のおすすめサポート業者を紹介!

アパート経営で失敗しないためには?

アパート経営は、不動産投資とも呼ばれますが、基本的に大きなお金が動きます。

ですから出来るだけリスクのないような、アパート経営を行いたいものです。

では失敗しないようにするためにはどうしたら良いのでしょうか。

 

空室ができないようにする

アパートの経営における失敗とはいったいどういったものがあるのでしょうか。

例えば、アパートを購入したけれども入居者があまり入らなくて、金融機関から借りた資金が返せない、と言ったことは深刻な問題にあたります。

銀行などから借りた資金は毎月の家賃収入で返さなくてはなりません。

ですから、最初から返せなくなるような借金はしないことが大切です。

もうひとつは大家の最大の悩みと言われる、空室問題ではないでしょうか。

空室問題は家賃の空白を産みますから、大変深刻です。

例えば、総戸数10戸のアパートならば、一つくらいの空室は当たり前のようにありますので、さほど問題にはならないかもしれません。

しかしそれが二つ、三つと増えてくると深刻です。

ましてや次の入居者が入ってくれない場合などは、空室期間が長くなりますので、部屋の傷みが増えてしまう恐れがあります。

部屋は誰も使用していないとすぐに痛んでくるものです。

ですからアパート経営で大切なことは、できるかぎり空室を作らないことです。

 

家賃の値下げは最終手段

ほかにも失敗の原因はあります。

それは入居者が埋まらない場合などを理由に、家賃を下げることです。

しかし家賃を下げるという手段は大家の最終手段と考えておいた方が良いでしょう。

それをしてしまうと、入居者は決まりやすくなりますが、収入が減ってしまいます。

収入を減らすといざという時のためのプール金の確保や、金融機関への返済などにも影響が出る可能性があります。

ですから家賃を下げるという手段は大家にとって「劇薬」であると考えておいた方が良いでしょう。

さらに家賃を下げるともう一つ影響が出ます。

それは入居者の質が下がるという事です。

入居者の質が下がるという事は、家賃の滞納などの確率も上がります。

最悪の場合には夜逃げなどの出来事が起こる可能性も高まります。

入居者の質はとても大切です。

その人の属性をきちんと調べてから入居させないと、後々後悔することになりかねません。

 

アパート購入時にも注意が必要

アパート経営を始めてからの失敗については、空室の問題や家賃の下落により、金融機関から借りたローンが返せなくなるというリスクについて述べました。

ここでは、アパートを購入する時にもリスクがあるという事を考えます。

アパートを土地から購入して運営する場合には、土地を購入して新築のアパートを建てる場合と、中古のアパートそのものを一棟買いすることが考えられます。

新築であれば外装と内装共に新しい設備ですから、10年ほどは故障もせずに稼働してくれるでしょう。

しかし中古のアパートの場合はそうはいきません。

なぜならば築10年から15年くらい経過したアパートの場合だと、色々な問題が発生してくるからです。

例えば15年経過した建物ならば、大規模修繕の時期に差し掛かっています。

もしそのアパートが修繕していない状態で売られていたものを購入した場合には、次のオーナーが修繕費用を捻出しなければなりません。

これでは余計な出費が発生してしまいます。

もし修繕をしなければ、築15年くらいが経過している場合には、外装内装共に大変傷んでいるために、修理費用が高くつきます。

ですから中古のアパートを購入するときには、このようなリスクを背負うことがありますので注意が必要です。

 

このようにアパート経営には購入時も含めて、色々なリスクが存在しているのです。

そのリスクとうまく付き合うことが大切です。

そうすれば失敗を小さなもので済ませることが出来ます。

大切なことはそこから学ぶことなのです。

サイト内検索
アパート経営業者(その他)