投資型アパート経営を検討している方必見!口コミで評判のおすすめサポート業者を紹介!

アパート経営の利回りを上げるリフォームとは?

アパート経営において大切なものの一つは、利回りです。

これは不動産投資の基本の一つですが、アパートの場合には工夫によっては利回りを上げることは可能なのです。

では一体、どのようなリフォームを施せば利回りアップにつながるのでしょうか。

古い感覚のアパートの間取りでは利回りは良くならない

アパート経営において大切なものは、まずはキャッシュフローです。

お金が回らなければ、アパート経営も成り立ちませんし意味がありません。

そしてその次に大切なのが利回りです。

この利回りを上げることは、オーナーの工夫次第で可能なのがアパート経営の魅力なのです。

ではどのようにしたら良いのでしょうか。

まず自分の所有するアパートが古いアパートである場合には、内装も時代に合わないものになっている可能性が高いです。

ですから大きな修繕が必要になる可能性があります。

築30年や40年経過したアパートであっても、きちんと時代に合わせて修繕を積み重ねれば、入居者はつきます。

しかしオーナーが物件を放っておくと、どんどん入居者からそっぽを向かれてしまいます。

大事なことは、きちんとオーナーが所有するアパートの状況を見守り続けることです。

それは時代にマッチしたアパートであり続けるための努力をするという事です。

そうすれば築50年やそれ以上経過した場合であっても人気のアパートであり続けることが出来るでしょう。

では一体どのようなことをすればよいのでしょうか。

外装の塗り替えだけで全く違うものになる

リフォームには、外装と内装の両方することが必要です。

ここでは外装の方を考えていきましょう。

外装を変える事でまず思い浮かぶのは、建物の塗り替えではないでしょうか。

これは15年くらいに1度のペースでアパートの壁を塗り替えたほうが良いでしょう。

この塗り替えは当たり前のように感じますが、実はとても大切な作業なのです。

アパートは色を塗り替えるだけでもイメージは大きく変化します。

それだけでも古いアパートは見違えるように新しく見えることもあるのです。

そうなればしめたもので、入居者アップにもつながります。

ですから定期的にアパートの塗り替えは、利回りアップのために必要な作業であると考えておいた方が良いでしょう。

他にも階段の補修などの安全面の部分も大切です。

入居者が安全に快適に暮らすためには、このような修繕も大事です。

その他には庭がある場合などは、植木を植えてみたり植木鉢を置くだけでもそのアパートのイメージが大きく変わります。

このような小さなことでも、入居者のアパートを見る目は大きく変わります。

内装では間取りを変えることも大事

次は内装のリフォームを考えていきましょう。

内装では古いアパートの場合、ユニットバスになっていることが多いです。

それをバストイレ別々にリフォームすることが利回りアップにつながります。

今時ユニットバスは時代に合いません。

短期間住むような学生アパートの場合であれば、リフォームの必要もないかもしれません。

しかし長期間住むような人が入所する場合には、そのような手段を施した方が良いでしょう。

その他にも、2DKの間取りを1LDKに変えてみることもおすすめです。

常に時代にマッチした間取りであり続けることが大事になります。

その他にもクローゼットを付けてみたり、和室の部屋を洋室に変えてみることも良いでしょう。

さらにはロフトなども付けることが出来れば、入居率は抜群に上がります。

費用は掛かりますが、やってみる価値はあるでしょう。

まとめ

外装や内装をきちんと変化させることで、アパートのイメージは大きく変わります。

そうすることによって入居者をきちんと確保できます。

そして利回りを上げて、それを維持することが出来るのです。

利回りアップのためにも、すぐに実行していきましょう。

サイト内検索
アパート経営業者(その他)